研究科概要 専攻案内 受験情報 終了生の方へ 学生専用 教員専用
HOME > 専攻案内 > 創薬科学研究一覧

専攻案内 - 創薬科学研究一覧

ガンの診断・治療につながるマイクロRNA医療

赤尾 幸博 : 医学博士
専門分野  : 腫瘍医学

研究テーマは、マイクロRNA医療を目指した基礎・応用です。がん遺伝子とがん抑制遺伝子の発現を制御しているマイクロRNA の発現異常はがんの発症と深く関わっています。その機構を明らかにし,がんの診断・治療に繋げます。さらにがん細胞が分泌する膜小胞の生物学的意義についても研究しています。

akao0.gif

がん細胞は生きていくための情報(miRNA, mRNA ,protein) を膜小胞に包んで放出する

生体分子と人工分子の合理的ハイブリット化に基づくナノバイオ材料の創製

池田 将  : 博士(工学)
専門分野  : ナノバイオ材料、超分子科学、分子マシーン、人工細胞、ペプチド科学、核酸科学

研究テーマは、医療や診断に資するナノバイオ材料の創製です。

分子レベルでの精密な設計と合成から自律的に周囲の環境を感知し応答するナノバイオ材料(ヒドロゲル、ナノセンサー、薬物送達材料など)の創製を行っています。

化学反応性人工分子と生体分子(ペプチドおよび酵素)をハイブリッドすることで得られる生体分子応答性ヒドロゲル

天然物から薬用資源を探索

田中 稔幸 : 薬学博士
専門分野  : 天然物化学

研究テーマは,未利用資源中の有用化学成分の探索です。

地球上には25万種以上の植物が生育していますが、化学的な解明が進んでいるのはそのうちごくわずかです。メインの研究ではそれら資源から化学成分を単離・構造決定したのちに様々な生化学的・薬理学的なスクリーニングによって有用性を探索しています。

tanaka_m0.gif

植物成分の薄層クロマトグラフィー

部位特異的に非天然アミノ酸を含むタンパク質を調整しタンパク質性医薬に活かす研究

横川 隆志 : 博士(理学)
専門分野  : タンパク質工学

研究テーマは,高い生産性を持つタンパク質合成系を創製することです。

そのために、生物ドメインの持つタンパク質合成系を詳しく研究して、ドメイン間の違いを知り、それぞれのドメインの良い点を組み合わせたハイブリッド型タンパク質合成系を作製します。また、その系を利用してタンパク質に非天然アミノ酸を部位特異的に導入し、高い付加価値を持つタンパク質を調製し、タンパク質性医薬品や創薬研究ツールの開発につなげます。

酵母チロシル tRNA 合成酵素とチロシン tRNA の複合体の立体構造

難治性疾患の治療薬開発や病態の分子機構解明のための分子プローブを創製

古田 亨史 : 工学博士
専門分野  : 有機化学

研究テーマは、生体機能を制御する分子プローブの創製です。

難治性の神経変性疾患や神経障害性疼痛の治療薬開発に向けて、神経細胞死を抑制する神経保護剤や鎮痛効果を示す薬剤の創製研究を行っています。また、病態の分子機構の解明に有用な分子プローブの設計・合成研究を展開しています。

ガンの浸潤や転移の分子機構を解明

上田 浩  : 博士(薬学)
専門分野  : 生化学、細胞生物学

研究テーマは、ガンの浸潤・転移などの分子機構の解明です。

ガン細胞などで見られる浸潤や転移といった細胞の形態変化をともなった細胞運動がどのように制御されているのかについて、細胞形態変化に関わるヒト遺伝子の機能を探ることを通して、それらの解明を目指しています。

形態変化に関わる遺伝子を導入した細胞の染色

細胞内エネルギー代謝を指標とした創薬

竹森 洋   : 博士(医学)
専門分野  : 病態化学

研究テーマは,創薬標的に連動するシグナル伝達や細胞毒性の程度を、細胞内エネルギー代謝変化量に変換することで創薬スクリーニングに応用する研究を行っています。

病気によって細胞内エネルギー代謝は変動する

神経変性疾患に対する保護因子を探索し、その作用機序を解析して創薬に繋げる研究

森田 洋子  :  理学博士
大橋憲太郎 : 博士(薬学)
専門分野  :  生化学、分子生物学、神経科学

研究テーマは, ニューロンの保護に係わる生体内因子や新規化合物の探索とその作用機序の解析です。

アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患を念頭におき、ニューロンの生存・維持に対して鍵となる神経栄養因子や各種酵素について、遺伝子発現からその作用機序について研究しています。さらに、これらのタンパク質の機能を向上させる薬物の探索し、その作用機序についても解析を行っています。

液胞型H+-ATPase阻害によるRet と58Kゴルジタンパク質の共局在化。Ret (緑)、58K (赤)、DAPI (青)。J Neurochem (2010) 115:606-613.

先進的な計測技術を開発して、生命活動を解明

江坂 幸宏 : 博士(農学)
専門分野  : 生体精密分離分析化学

研究テーマは,生命活動解明のための先進的な分離分析手法開発と応用です。

生体機能分子の分析に重要な分離手法であるキャピラリー電気泳動法(CE)や液体クロマトグラフィーにおける新しい分離様式と高感度検出法の開発を行っています。また、これらの分離法と質量分析法(MS)との結合を行い、DNA 損傷過程の研究を行っています。

esaka0.gif

CE とMS を接続するインターフェイス

研究科概要

憲章,基本戦略
教育研究上の目的
教育における3つのポリシー
統計資料
設置の目的と沿革について
教育課程と授業科目

専攻案内

研究科構成(研究領域・講座等)
創薬科学専攻
創薬科学研究一覧
医療情報学専攻
医療情報学研究一覧

受験情報

アドミッションポリシー
募集案内・募集要項
入学者選抜試験への出願手続き
出願資格認定申請の手順
入学料や授業料の免除・奨学金・長期履修制度

修了生の方へ

証明書の請求について