研究科概要 主導指導員 受験希望の方へ 終了生の方へ 学生専用 教員専用
HOME > 研究科概要 > 憲章・基本戦略

研究科概要 - 憲章・基本戦略

連合創薬医療情報研究科憲章

本研究科は,多様化する国家的課題や社会ニーズにフレキシブルに対応できる人材を養成するため,創薬と医療情報をテーマとした教育研究体系を確立することを設置理念とする。具体的には,創薬というキーワードの下に岐阜大学と岐阜薬科大学及び連携機関が連合・連携し,異なる専門分野の教員による連合組織を編成することにより,相互の優れた研究業績や知識,情報の共有を基盤とする教育体系を構築する。これにより,国際的にも水準の高い先端的な生体分子化学,生体制御,生体応答,生物学的創薬,薬効情報,患者情報などを基盤とする創薬科学及び医療情報学を中心とする教育研究を展開し,高度な専門性と先見性,柔軟な発想を有する最先端な領域で活躍できる人材の育成を目指すとともに,創薬医療情報に関わる研究成果を蓄積し,それらを発信する。

  1. 2大学及び連携機関による連合・連携効果を教育・研究に十分活かすよう努める。
  2. 自らが解明,創造,検証,応用に展開できる人材を育成することを目指す。
  3. 倫理観に富んだ高度専門職業人及び研究者を養成することを目指す。
  4. 創薬に関する高度な専門的知識の蓄積と研究の推進を図る。
  5. 安全・安心な医療を提供するために必要となる高度な専門的知識の蓄積と研究の推進を図る。
  6. 地域貢献に意欲が持てる学生の教育を実践する。
  7. 国際的に活躍できる人材の育成を目指す。
  8. 社会人及び外国人留学生の受け入れを推進する。

1.教育基本戦略

  1. 連合大学院教育
    • 連合する2大学及び連携機関間の垣根を低くし,学生が教育・研究指導を受けやすい体制の構築を図る。
    • 高度な専門的能力を有する研究者及び技術者を養成する。
    • 専攻を越えた副指導教員体制の充実を図り,複数教員による研究指導体制のさらなる発展に努める。
    • 教育の質的向上のために自己評価及び教育改善研修を実施する。
  2. 教育・研究の国際化
    • グローバル化時代を担う人材の質の向上に向けた教育の充実・改善を進める。
    • 教育・研究成果に関する情報を広く公開する。
    • 国際的な視野を身につける教育を推進する。
  3. 連合・連携効果の活用
    • 2大学及び連携機関教員の連携による教育・研究システムを強化する。
    • 多彩な研究分野を活用し,学生の多様な向学志向に応えられるような教育研究システムの充実を図る。
    • 2大学及び連携機関による教育の充実を図るため,ICTを活用した遠隔教育を有機的に取り入れ実践する。

2.研究基本戦略

  • 本研究科固有の研究の推進を図る。
  • 外部資金の導入を目指した研究機関横断的なプロジェクトを推進する。
  • 科学技術の発展と変化に応じた研究の推進を図る。
  • 学生の研究環境の整備に努める。

3.社会貢献基本戦略

  • 社会人のリカレント教育に対応できる環境の整備に努める。
  • 人材育成を通じて社会貢献及び国際貢献に努める。
  • 外国人留学生の受け入れ態勢の充実を図る。
  • 国際交流を促進し,知的・人的交流の活性化を図る。

4.運営基本戦略

  • 研究科の運営に研究科の理念・目標が反映されるよう,検証と改善を推進する。
  • すべての構成員がその個性と能力を十全に発揮できるよう,公正な教育・研究・労働環境の整備を図る。
  • 先端的教育・研究を推進するため,財政基盤の安定化を図る。
  • ホームページ等・研究科広報体制の充実を図り,本研究科の認知度を高める。
  • 個人情報等の保護・管理の周知徹底を図る。
  • ICT機器の活用を推進し,運営業務の効率化に努める。

研究科概要

憲章,基本戦略
教育研究上の目的
教育における3つのポリシー
統計資料
設置の目的と沿革について
教育課程と授業科目

専攻案内

創薬科学専攻
創薬科学研究一覧
医療情報学専攻
医療情報学研究一覧
主指導教員一覧

受験情報

アドミッションポリシー
入学者選抜試験への出願手続き
出願資格認定申請の手順
募集案内・募集要項

修了生の方へ

証明書の請求について